シドニー--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 2018年7月1日より、オンライン小売業者は、オーストラリアの消費者に販売される1000豪ドル以下の商品に対して、商品サービス税(GST)の徴収を開始することが必要です。これは、12カ月間のGST売上高が7万5000豪ドル以上の海外小売業者に適用されます。


事業者は、オーストラリアGSTへの登録、手続き、支払いを行うための簡易システムを利用できます。このシステムを利用すれば、小売業者は総課税売上高とGSTを報告して四半期ごとに1回支払いを行うだけですみます。

オーストラリア税務局(ATO)は、適正な措置で法律を順守する小売業者に全面的な支援を行っていきます。ATOアシスタントコミッショナーのケイト・ロフ氏によれば、これには、小売業者が徴収と送金のプロセスを適切に進められるよう支援することが含まれています。

ロフ氏は次のように述べています。「義務を果たす上で問題が生じている事業者はできるだけ早急にATOまでご連絡ください。正しい行動を取ってGSTに登録する事業者に安心していただくため、当局は、義務を果たさない事業者を適切に追跡します。」

「ATOは、財務データ追跡、通関データおよびオンライン調査を利用して、課税義務を果たしていない事業者を特定する能力を持っています。」

「課税義務を果たさない事業者には、罰金が科されます。」

新しい課税措置は、すべての小売業者がより公正な取引を行えるようにするものです。オーストラリアの消費者が購入する低価格商品は、購入先がどこであっても同じ税務上の扱いを受けることになります。

また、郵便転送や個人ショッピング・サービスなどの転送サービス業者も同様の登録義務の対象となります。GSTに登録した転送サービス業者を利用する消費者は、該当するGSTをこれらの業者に支払うことになります。

該当する事業者は今すぐ登録し、2018年7月1日からGSTの徴収を開始しなければなりません。海外事業者向け簡易GSTシステムへの登録方法については、ato.gov.au/GSTSimpleRegをご覧ください。

GST徴収に関する情報は、以下で確認できます。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Media Contact:
Burson-Marsteller
Victoria Kougias
Victoria.kougias@bm.com

情報提供元:
記事名:「オーストラリアの消費者に販売する海外小売業者の皆さま:2018年7月1日よりGSTの徴収を開始してください