ニューヨーク--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- ビジネスマンであるヘンリ・パン(Henry Pang)博士が率いる微積分ネットは仮想通貨市場の未来のため、現在価値のインタネットの統一を目指している。


仮想通貨の波動幅は激しいといわれ、例えビックコインをはじめ主な仮想通貨でも10%の波動幅の波動があり、他小さい量のある仮想通貨は100%の波動幅に至る波動をしたこともあった。この仮想通貨の総量は大幅成長してきて、12カ月のうちに千億ドルから4千億ドルの量になっても、世界全体の資産管理業84.9万億ドルの市場に比べ僅かごく小さいの部分であるが。仮想通貨市場は分散されて効果のある管理ツールがないため、リスクの大きい過ぎて大規模の投資機構の資金がなかなか手を出さないと微積分・デットワークはそう思う。このため、同社はブロックチェーン技術を発展し、現在価値のインタネットを統一する事を目指している。

創設者であるヘンリ パン(Henry Pang)はニューヨの私人金融業サロンで、仮想通貨市場の流通のため、1万の取引所が生まれたが、各取引所の間に40%の価格差が存在しているといった事があった。「ところが、価値のインタネットの統一と成熟なインフラの建築を通じて、微積分・ネットワークは仮想通貨市場の未来の幕を開けている」と彼が言った。

微積分・ネットワークは価値のインタネットの分散型コンセンサス層に設計された。その目的は取引所の流動性を統一し、最大の流動性がある公平且つ透明のプラットフォームを構築することにより、世界範囲の仮想通貨のコンセンサスを達成させる。このネットワークは適合な金融派生商品も提供していって、個人または組織に適切なヘッジ策を作って現金ボジシュンを守る。それに機構資金の世界仮想通貨市場に進出金融プラットフォームを提供する。

「微積分・ネットワークのメンバーは高い技術を持つ専門家、金融エンジニアーと研究者ばかりで、半分のメンバーが博士である。ヘンリ パン(Henry Pang)のほかにも、当社の中核メンバーであるリ チョウ(李超)は、以前、ゴールドマン・サックス証券取引所指定のマーケット・メーカー・グループ、ドイツ銀行、モルガン・スタンレー、オーウェン・ワンで副社長を務めていた。もう一人の中核メンバーであるオウ ブン(王文)はJP モルガンで副社長を務めていた。どちらも、私たちのチームに強力な学術指導とプロの経験を提供している。優れた技術と学術支援によって、私たちのチームはいくつのブロックチェーンプロジェクトを成功した。例えばEigen Capital。」と、サニア ブン(Shania Wen)はこう言った。


Contacts

Calculus Network
Shania Wen
yhdswd@calculus.network
www.Calculus.network

情報提供元:
記事名:「微積分・ネットワークの目標は価値のインタネットを統一することで仮想通貨市場の未来を建築する。