脚本家の宮藤官九郎(49)が新型コロナウイルスに感染したことが31日、わかった。

 同日、大人計画の公式サイトが発表。腎盂炎の治療を受けていたといい、この日になって感染が判明した。症状は発熱だけだという。

 30日に東京・本多劇場で宮藤が演出するウーマンリブ『もうがまんができない』の初日が、4月2日から14日に延期されることが発表されていた。

 宮藤は公式サイトで「まさか自分が、と過信してしまいました。罹った今も、なんで自分が?と信じられない気持ちです」とコメント。続けて、「腎盂炎の腰の鈍痛も消え、さあこれから…という時に。チケットを買って下さった皆さまにも、役者、スタッフにも、家族にも、悲しい思いをさせてしまい、本当に申し訳ございません。幸い、落ち込んだり、泣いたりする体力はあるし、肺炎や風邪の症状も今はありません。少しでも早く、元気な姿をお見せ出来るよう、治療に専念します」と、宣言した。

情報提供元:News Lounge
記事名:「クドカンがコロナウイルス感染「まさか自分が」