シンガーソングライターの長渕剛(63)が23日、東京・TOHOシネマズ六本木で行われた主演映画『太陽の家』完成披露舞台挨拶に出席予定だったが、急きょ欠席。壇上で運営側から「急性腎盂腎炎のため、入院中」とアナウンスされた。

 長渕は絶対安静の状態で都内の病院に入院しているとのこと。関係者の話によると、今月17日のシネマ&ライブツアー最終日から腹部への激痛と発熱が始まっていたという。20日に極度の痛みと高熱が発生し、救急車で都内の大学病院に搬送され、医師から「急性腎盂腎炎」で全治2週間と診断された。

 ドクターストップがかかった長渕は、「ああ、残念で仕方がない。そこへ行きたかった。体は病室から出ることを許されなかったけど、心はみんなと同じ場所にあると思っています」と、コメントを発表。さらに「悔しさでいっぱいだけど、今はしっかり治して、新しい年の初日舞台挨拶には必ず元気な姿を見せます。劇場で会いましょう」と、来年1月17日に行われる初日舞台あいさつでの復帰へ気持ちを伝えていた。

情報提供元:News Lounge
記事名:「長渕剛が急性腎盂腎炎で入院 主演映画完成披露を欠席