元プロレスラーの天龍源一郎(69)が「小脳梗塞」を患っていたことが9日、わかった。

 同日、公式サイトで発表。天龍が4月中旬から2度にわたり自宅で体調不良を訴え、検査したところ、「小脳梗塞」と診断されたという。3度の入院を経て、目立った後遺症などは現れておらず、完治はしていないものの、症状としては安定しているとのこと。

 今後は主治医と相談の上、定期健診、治療を継続しながら体調も考慮しつつ、仕事は続けていくといい、「近年の天龍の滑舌やしゃがれ声に対して皆様方にお気遣いを頂く事になるのではないかと、本人が一番に懸念しております」としたが、「こちらに関しましては症状とは関係御座いません」と、ユニークな文面ものぞかせた。

情報提供元:News Lounge
記事名:「天龍源一郎「小脳梗塞」を公表