佐倉綾音キャライメージした衣装で登壇!「プロメア」現場で「これは私たち負けられないね」と声優たち奮起のエピソード披露

アニメーション映画『プロメア』公開記念前夜祭が開催!

 “あやねる”の愛称で親しまれている声優・佐倉綾音が23日、東京・TOHOシネマズ日比谷でアニメーション映画『プロメア』(監督:今石洋之/配給:東宝映像事業部)公開記念前夜祭をガロ役・松山ケンイチ、リオ役・早乙女太一、クレイ役・堺雅人、ビニー役・ケンドーコバヤシ、脚本を担当した中島かずき氏、今石監督とともに開いた。

 人気アニメ『天元突破グレンラガン』『キルラキル』のTVシリーズを手がけた今石監督×中島氏が再びタッグを組んだ作品。地球の半分が消失し、そこから30年経った世界が舞台。炎を操る人種の中で世界に襲いかかる<マッドバーニッシュ>と呼ばれる一部の攻撃的な面々と、<マッドバーニッシュ>が引き起こす火災を鎮火するべく結成された高機動救命消防隊<バーニングレスキュー>に所属する主人公・ガロと仲間たちの息をもつかせぬ派手なアクションと消火活動。さらには、世界を巻き込んだ事態へも発展していく……。佐倉はバーニングレスキューの隊員・アイナ役を演じた。

 この日の佐倉は、上半身部分が白で下に行くに従ってピンク色になっているワンピースで登壇。「ちょっとアイナっぽい、燃えている感じをイメージして。デザイナーさんが『プロメア』のファンだそうなので」と、作品を表すような衣装になっていると解説して楽しませる。

 アフレコの話になった際に松山が、堺に向け「セリフって漢字と、ひらがなとカタカナで構成されているんですよ。そのどれでもなかった、日本語じゃないんじゃないかってと感じました」というと、早乙女もこれにうなずく。堺はこれに落ち込みかけていたが、佐倉は「すごいことですよ!声優って半分技術職なので、同じ音を出してくださいと言われたら同じ音を出さないといけないんですよ。だから、予測できない音が出るって最強に羨ましいです」と、その技量を声優の立場でたたえ、堺も胸をなでおろす様子も。

 そんな松山たちの熱演が、佐倉をはじめとした普段から声優として活動するキャストに奮起を促したとも。「きちんと映像に熱さだったり、冷たさだったりが音に乗っていて、現場で『これは私たち負けられないね』と言った方がいたのを覚えています」と、エピソードを披露し、「出来を楽しみにしていてほしいと思います」と、アピールにもつなげていた。

 演技外でも「TRIGGER作品にメインで参加させて頂くのが初めてですけど、先輩たちとおしゃべりできないかもと不安に思っていたんです。でも、賑やかな人たちが多くて、全然1人にさせてもらえなくて、1人でいると誰かにしゃべりかけられちゃうんです(笑)」と、陽気な現場だった様子を伺わせつつ、「それがありがたくて、こういう賑やかな世界観に手を引っ張ってもらっている感じがして」と、安心して演技ができる環境でもあったようだった。

 ほかにも、最近身の回りで起こった熱いことというテーマになった際に佐倉は、「ゴールデンウィークに猫を5匹保護したんです。母が保護してきたんです。親猫が4匹隣の家の庭で産んでいて、隣の方に許可をとって5匹の猫を7人でまる3日間かけて保護したんです。7人で熱くなって、『けがさせずに捕まえる!』というので超熱中したんです!」と、頑張ったそうだが、「母が猫苦手でアレルギーもあるし、そもそもそんなに好きじゃなくて……だからいまケージから出た猫を追いかけるのが私の役目で、もう毎日、白熱中で子猫との戦いです」と可愛らしいオチをつけていた。

 その後、記念撮影では、ケンドーコバヤシが変顔をしていることに気づいた佐倉と今石監督が吹き出す一幕もあり、最後まで楽しんでいた。

 アニメーション映画『プロメア』は公開中!

情報提供元:News Lounge
記事名:「佐倉綾音キャライメージした衣装で登壇!「プロメア」現場で「これは私たち負けられないね」と声優たち奮起のエピソード披露