麻薬取締法違反で逮捕され、2日に起訴された『電気グルーヴ』のメンバーで俳優のピエール瀧こと瀧正則被告(51)の所属事務所が2日、公式サイトで瀧被告とのマネジメント契約を解除したことを発表した。

 公式サイトでは、「弊社所属タレントのピエール瀧が麻薬及び向精神薬取締法違反の容疑で逮捕されたことについて、関係各所の皆様、ファンの皆様にご迷惑とご心配をおかけしておりますことを、改めてお詫び申し上げます。本日、2019年4月2日に、ピエール瀧が上記違反により起訴されたことを受けまして、ピエール瀧とのマネジメント契約を解除いたしました」と、報告。

 東京地検は2日に瀧被告を起訴しており、起訴状によると、3月12日頃に瀧被告は自宅とは別の世田谷区内にあるマンションの一室で、コカイン若干量を吸引したとしている。瀧被告は3月12日、関東信越厚生局麻薬取締部に逮捕された。

情報提供元:News Lounge
記事名:「ピエール瀧被告 所属事務所がマネジメント契約を解除