大阪府知事選をめぐって、俳優の辰巳琢郎(60)に出馬要請を断られた自民党は11日、候補者として大阪府の元副知事を擁立することを決めた。

 同日、TBSが報じており、大阪府知事と大阪市長が立場を入れ替えて立候補するダブル選挙をめぐって、自民党は当初、俳優で大阪市出身の辰巳に知事選の出馬を要請。だが、10日夜、本人から辞退の申し出を受けた。

 これを受け、自民党は知事選の候補者として新たに大阪府の元副知事・小西禎一(64)を擁立することを決定。小西は橋下知事時代「改革プロジェクトチーム」のトップに抜擢されるなど府政改革の中核を担った人物だが、後を継いだ松井知事の2期目が決まると「ゴタゴタにつかれた」などとして、任期を途中で退任している。

情報提供元:News Lounge
記事名:「辰巳琢郎が府知事選出馬辞退