タレントのつるの剛士(43)が11日、自身のツイッターで、つるの、上地雄輔(39)、野久保直樹(37)がかつて組んでいたユニット『羞恥心』がこの日、大阪城ホールで行われた遊助(上地)のライブで、10年ぶりにステージに立ったことを報告した。

 つるのは「大阪いたら、急遽こうなった。遊助の大阪城ホールライブにて、羞恥心、10年ぶりにステージに集合。2019 」とツイート。3人の写真もアップしている。

 『羞恥心』は『クイズ!ヘキサゴン2』(フジテレビ系)で結成されたユニットで、2008年のデビューシングル「羞恥心」が大ヒット。同年のNHK紅白歌合戦にも出演し、大人気ユニットとなったが、2009年1月2日の「ヘキサゴン」特番を最後に、活動を休止していた。

情報提供元:News Lounge
記事名:「羞恥心 10年ぶりのステージ!つるの剛士「大阪いたら急遽…」