小島よしお母親から「何やってるんだ!」と心配された過去!教員免許へは未練も

新ネタを披露したのだが……

 お笑いタレント・小島よしお(37)が20日、東京・江東区のイトーヨーカドー木場店で『イトーヨーカドーの2019ランドセル ラインアップ』記者発表会に登場し、小学生たちへお笑いを伝授する授業を繰り広げた。

 教師役ということで、おなじみの海パン一丁姿ではなく、スーツに黒縁メガネをかけてキリッと登場した小島。とはいえ、「ただ、スーツで来たことで子どもたちが誰か分かってない可能性がありますかよね。いつもは裸のお兄さんですよ!」と、存在をアピールすることを忘れず。

 早稲田大学教育学部を卒業した小島だが、「教員免許はヘタこいちゃって取れなくて、きょうはすごく嬉しいんです。1度番組の企画で海パンで先生役の撮影もしたのですが、当時お母さん方からのクレームでお蔵入りになってしまって」と、やっと公に教師として立てることに喜びもひとしお。

 子どもたちへは「学校で人気者になれる方法」と題して、小島の持ちギャグを伝えていく授業を展開。その出だしこそ、小学生たちから笑いも起こらず距離を感じさせる反応だったが、いざ授業に熱が入ってくると子どもたちも満面の笑みだったうえ、通りかかったギャラリーの子どもたちも食い入るように見守るなど、手応えありといった様子。

 さらに、イトーヨーカドーのCMにもなっているランドセルダンスの授業では、海パンにランドセル姿というミスマッチな姿で現れ、これには観客達も吹き出し笑いが起こり、小島も「裸にランドセル、夢でした」と、にんまり。

 イベント終了後には記者たちから、教師になれなかった理由について質問が。「大学1年生終わりくらいからお笑いを始めていたんです。事務所に入って活動も始めていたので、“お笑い芸人で頑張るぜ!”という火がついちゃってて(苦笑)。いま思えば教職の免許をとっておけばよかったなって」と、後悔があるのだとか。

 しかも「(両親は)めっちゃ反対しました。お母さんは、僕が世にも出れずにと思っていたころに、TVで裸で踊っていたのを観たらしくて“何やってるんだ!”って感じにはなりました」と、心配をかけたといい、それだけに、芸人として世間で知られるようになったいまの状況へは「本当にラッキーで、親に感謝です」と、神妙な表情を浮かべた。

 また、サッカーW杯ロシア大会が現在開催中で、19日には日本が南米の強豪コロンビアから金星を挙げるということもあったことで、日本選手団へ勝利につながるギャグを求めると、納豆をかき混ぜるような「♪ネ~バ~ギブアップ!ネバネバギブアップ~」と新ギャグを披露したが、ウケはいまいち。しかし、小島は「納豆のような粘りを見せてほしいです」と、転んでもただでは起きなかった。

小島よしお母親から「何やってるんだ!」と心配された過去!教員免許へは未練も

小島よしお母親から「何やってるんだ!」と心配された過去!教員免許へは未練も

幼少期の写真も公開!

小島よしお母親から「何やってるんだ!」と心配された過去!教員免許へは未練も

授業風景

小島よしお母親から「何やってるんだ!」と心配された過去!教員免許へは未練も

一緒にダンス!

情報提供元:News Lounge
記事名:「小島よしお母親から「何やってるんだ!」と心配された過去!教員免許へは未練も