img_86599_4

広島県呉市のクレイトンベイホテルが、人型ロボット「Pepper(ペッパー)」をホテルコンシェルジュとして採用するユニークな試みをおこなっている。

「Pepper」のコンシェルジュとしての業務は、まず簡単な挨拶や会話などからスタートし、トレーニング後は宿泊客に対しての館内外の案内も行う予定。

「Pepper」を採用した理由として、ホテルは「PepperにAIの利点を生かして活躍してもらうことで、人にしかできないより付加価値の高い仕事を従業員全員で行い、顧客サービスの向上を目指す。訪日外国人の増加も予想されることから、Pepperに多言語の対応や、地域の観光案内の一翼を担ってもらうことによって、より国際化を進めたい」と述べている。

img_86599_1
(入社式の様子)

詳細はこちら

情報提供元:Hotelers
記事名:「人型ロボット「Pepper」がホテルコンシェルジュとして入社 クレイトンベイホテルが採用