• スピンオフにより3社の完全に活性化された専業会社が誕生
  • 新たに設立される不動産会社はREITの形態をとり、最大規模で地理的に最も分散化された上場ホテルREITの一つとする構想
  • 新設されるタイムシェア事業会社は、ヒルトン・ワールドワイドと独占的な長期提携関係を維持
  • これによりヒルトン・ワールドワイドのビジネスモデルを中核となる資本効率の高い手数料事業に簡素・集中化

米バージニア州マクリーン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- ヒルトン・ワールドワイド(NYSE:HLT)は本日、不動産事業の大半を上場不動産投資信託(REIT)として分離し、タイムシェア事業のヒルトン・グランド・バケーションズ(HGV)を上場企業としてスピンオフすることにより、長期的な株主価値を強化する計画を明らかにしました。


ヒルトン・ワールドワイドのクリストファー・J・ナセッタ社長兼最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「本日発表した取引により、3社の専業会社が誕生し、経営陣はそれぞれの事業を最大限に活性化し、有機的および非有機的な成長機会、資本市場、税効率を有効に生かすことが可能となります。一段の成功を目指して3社を組織するため、適切なリーダー、戦略、資本構造を構築する考えです。」

取引に関する追加情報

ヒルトン・ワールドワイドは、今回のスピンオフが非課税対象となることについての特定の問題に関する判断を私信で内国歳入庁から受け取りました。本取引は、新会社の株式をヒルトン・ワールドワイドの株主に割当てることにより実行されます。第2四半期中に証券取引委員会(SEC)に適切な登録届出書を提出し、年末までに二つのスピンオフを完了させる計画です。

新たに設立される不動産会社はREITの形態とし、不動産約70件、3万5000室で構成される最大規模で地理的に最も分散化された上場ホテルREITの一つとすることを構想しています。このREITは、参入障壁の高い都市部およびコンベンション市場、高級リゾート地、厳選された国際都市、戦略的な空港隣接地におけるラグジュアリーおよびアッパー・アップスケール資産で構成される質の高いポートフォリオを擁することになります。

新たに設立されるタイムシェア事業会社は、米国と欧州の50カ所近くのクラブ・リゾートを管理し、ヒルトン・グランド・バケーションズのブランドの下でリゾート施設のマーケティング、販売、運営を行うために、ヒルトン・ワールドワイドと独占的な長期ライセンス契約を締結します。

ヒルトン・ワールドワイドは、適切な登録届出書をSECに提出し次第、タイムシェア事業と不動産事業の取引案に関する財務情報その他の詳細情報を含む追加情報を公開する予定です。本取引は、会社間の合意の実行、妥当な資金調達手段の準備、登録届出書の有効性の確認、ヒルトン・ワールドワイドの取締役会による最終承認、その他の一般的な条件を満たすことを条件とします。スピンオフ取引は、株主による議決を必要としません。スピンオフは年内に完了する予定ですが、スピンオフの最終的なタイミング、あるいはどちらか一方または両方のスピンオフの最終的な実現に関する保証はありません。

ドイチェ・バンク・セキュリティーズとゴールドマン・サックスがヒルトン・ワールドワイドの財務顧問を務めています。

投資家向け電話会議

ヒルトンは、第4四半期および2015年度の財務業績に関する電話会議を本日、2月26日東部時間午前10時から開催します。

ヒルトン・ワールドワイドのウェブサイトの投資家情報ページ(http://ir.hiltonworldwide.com/events-and-presentations)からログインすることにより、ウェブキャストによる電話会議の同時放送を聴取することができます。電話会議終了後24時間以内に、http://ir.hiltonworldwide.com/financial-reporting/quarterly-resultsでウェブキャストの録音再生をお聞きいただくことができ、発言の写しを入手できます。電話会議を電話でお聴きいただく場合は、米国からは1-888-317-6003、米国外からは1-412-317-6061に電話してください。電話会議のIDは0824669です。電話会議に参加する場合は、会議開始予定時間の少なくとも15分前に上記番号に電話またはウェブキャストに接続してください。電話会議終了後7日間、電話により録音再生をお聴きいただけます。録音再生を利用する場合は、1-877-344-7529または1-412-317-0088に電話してください。アクセスコードは10079673です。

将来見通しに関する記述

本プレスリリースには、1933年証券法(改正を含む)第27A条および1934年証券取引所法(改正を含む)第21E条の定義による将来見通しに関する記述が含まれます。このような将来見通しに関する記述は、スピンオフ計画およびその予想される利益に関する記述ならびにその他の過去の事実ではない記述が含まれますが、これに限定されません。こうした将来見通しに関する記述は、「見通し」、「考える」、「予想する」、「潜在的」、「継続する」、「かもしれない」、「するだろう」、「するはずである」、「可能性がある」、「追求する」、「予測する」、「予見する」、「意図する」、「計画する」、「推定する」、「予期する」、もしくはこれらの言葉の否定形またはその他の同等の言葉が使われていることで特定することができます。そのような将来見通しに関する記述は、さまざまなリスクと不確実性の影響を受けます。実際の結果が将来見通しに関する記述と大きく異なるものとなる原因となる可能性のあるその他の要因は、SECに提出された2014年12月31日終了年度のフォーム10-Kによる当社の年次報告書の「第I部項目1Aリスク要因」と題されたセクションに記載されており、またそのような要因は本プレスリリースの発表と同日またはその前後に提出される2015年12月31日終了年度のフォーム10-Kによる当社の年次報告書を含む当社のSECへの定期的な提出物の中で随時更新される可能性があり、これらはSECのウェブサイト(www.sec.gov)閲覧できます。したがって、実際の帰結または結果が将来見通しに関する記述で示されているものと大きく異なるものとなる原因となる可能性のある重要な要因が存在または今後発生します。これらの要因は網羅的なものと見なされるべきではなく、本プレスリリースおよび当社のSECへの提出物に含まれるその他の注意記述と併せて読む必要があります。法律により必要とされる場合を除き、当社は新たな情報、将来の出来事、その他の要因の結果、将来見通しに関する記述を正式に更新または見直す義務を負いません。

ヒルトン・ワールドワイドについて

ヒルトン・ワールドワイド(NYSE: HLT)は世界をリードするホスピタリティ企業で、世界の100の国と地域で管理・フランチャイズ・所有・リースする客室75万8000室以上に及ぶホテル・タイムシェア施設4,600軒以上を展開しています。ヒルトン・ワールドワイドは96年にわたり、お客さまに最高のおもてなしをするという当ホテルの伝統を守り続けるために全力を尽くしてきました。当社が有する世界クラスの13のグローバル・ブランドのポートフォリオには、ヒルトン・ホテルズ&リゾーツ、ウォルドーフ・アストリア・ホテルズ&リゾーツ、コンラッド・ホテルズ&リゾーツ、キャノピーbyヒルトン、キュリオ コレクションbyヒルトン、ダブルツリーbyヒルトン、エンバシー・スイーツ・バイ・ヒルトン、ヒルトン・ガーデン・イン、ハンプトン・バイ・ヒルトン、トゥルーbyヒルトン、ホームウッド・スイーツ・バイ・ヒルトン、ホーム2・スイーツ・バイ・ヒルトンおよびヒルトン・グランド・バケーションズが含まれます。また当社は、受賞歴のあるゲスト特典プログラムであるヒルトンHオナーズも運営しています。ヒルトンが提供するお好みの予約手段を通じて直接予約されたヒルトンHオナーズ会員のお客さまには、無料のスタンダードWi-Fiなどの特典のほか、業界をリードするヒルトンHオナーズ・アプリ限定で利用可能なチェックインやお部屋の選択、デジタルキーによるお部屋へのアクセスなどのデジタル・アメニティが提供されます。詳細については、news.hiltonworldwide.comをご覧ください。また、FacebookTwitterYouTubeFlickrLinkedInInstagramでヒルトン・ワールドワイドの最新情報をチェックしてください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Investor Contact
Christian Charnaux
+1 703 883 5205
or
Media Contact
Chris Brooks
+1 703 883 5808

情報提供元:
記事名:「ヒルトン・ワールドワイド、不動産事業とタイムシェア事業をスピンオフする構想を発表