AYa350

フィンエアーは、9月25日まで東京・有明の東京ビッグサイトで開催中の「ツーリズムEXPOジャパン2016」で、エアバスA350型機に設置している新シートの展示、体験を行っている。

フィンエアーのエアバスA350-900型機は、ビジネスクラス46席、エコノミーコンフォート43席、エコノミークラス208席の合計297席を配置。現在は4機を保有している。

日本には、10月13日と14日に東京/成田を発着するヘルシンキ線2便にエアバスA350-900型機を投入し、初めて乗り入れる計画。日本へのエアバスA350-900型機の乗り入れはベトナム航空に次いで2社目となる見通し。フィンエアー日本支社によると、定期便としての就航は、2017年の夏スケジュールを予定している。

■ダイヤ

AY74 東京/成田(11:00)〜ヘルシンキ(15:20)/10月13日・14日

AY73 ヘルシンキ(17:15)〜東京/成田(08:55+1)/10月12日・13日

■関連記事

フィンエアー、10月に東京/成田線へエアバスA350型機投入 定期便は来夏ダイヤから

情報提供元:Traicy
記事名:「フィンエアー、エアバスA350型機のシートの展示・体験を開催 日本にも10月就航【ツーリズムEXPOジャパン2016】