シンガポール航空(メイン)

シンガポール航空は、シンガポール〜キャンベラ〜ウェリントン線の運航を、9月20日から開始した。

ニュージーランドの首都であるウェリントン、オーストラリアの首都であるキャンベラを結ぶもので、愛称は「キャピタルエクスプレス」。キャンベラ発着の国際線を運航し、キャンベラとウェリントンを結ぶ航空会社はシンガポール航空のみとなる。シンガポール発は火・木・土・日曜、ウェリントンとキャンベラ発は月・水・金・日曜の週4便を運航する。ビジネスクラス38席、エコノミークラス228席の計266席を配置したボーイング777−200型機を使用する。

シンガポール航空はアデレード、ブリスベン、メルボルン、パース、シドニー、オークランド、クライストチャーチ線、子会社のシルクエアーはケアンズ、ダーウィン線、スクートはゴールドコースト、メルボルン、パース、シドニー線を運航している。ヴァージン・オーストラリア、ニュージーランド航空との共同運航も行っている。

■ダイヤ

SQ291 シンガポール(23:00)〜キャンベラ(08:35+1/09:50+1)〜ウェリントン(15:05+1)/火・木・土・日

SQ292 ウェリントン(20:15)〜キャンベラ(22:05/23:30)〜シンガポール(05:50+1)/月・水・金・日

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「シンガポール航空、シンガポール〜キャンベラ〜ウェリントン線の運航開始 愛称は「キャピタルエクスプレス」