HKSRNM

「とまれる」「STAY JAPAN」といった民泊仲介サービスを運営する百戦錬磨は、阪急不動産と連携し、主に阪急阪神沿線の空き家オーナーに対し、民泊による利活用をサポートする取り組みを開始した。

阪急不動産の新サービス「阪急の空家サポート」の一環で、阪急不動産の持つネットワークと民泊プラットフォームを展開する百戦錬磨が連携することで、公認民泊の普及による地域活性化を目指すとしている。

阪急不動産の新サービス「阪急の空家サポート」は主に阪急阪神沿線の空家に関する相談窓口を新たに設置し、空家の管理から売却、賃貸管理、リフォームなど、空家オーナーのニーズをワンストップでサポートするもの。百戦錬磨は4月に阪急電鉄を含む4者が出資した「SI創業応援ファンド投資事業有限責任組合」より資金調達を行っており、今回は具体的な提携施策として実現したものとなる。百戦錬磨では、今後関西圏でのサービス展開を加速する。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「百戦錬磨、阪急不動産と連携 阪急阪神沿線の空き家の民泊活用を推進