セブパシフィック航空

セブパシフィック航空は12月16日より、クラーク発着便を増便し、輸送力を強化する。

セブ線は週3便から6便に、香港線は週7便から10便にそれぞれ増便する。いずれも販売を開始している。現在はクラークとセブ、香港、マカオ、シンガポールを結ぶ路線を週21便運航しており、12月16日からは週27便に拡大することになる。

クラークと香港を結ぶ路線を拡大することで、アジア最大の金融ハブである香港からの貿易、投資を促進できるほか、クラークとセブを結ぶ路線を増便することで、国内観光の機会を後押しするものとなるという。

また、セブパシフィック航空はクラーク国際空港に、シンガポールのSIAエンジニアリングとの合弁会社である、SIAエンジニアリングフィリピン(SIAEP)を設立。航空機のメンテナンス、修理などを行う。3つの格納庫を備えている。また、CAEとの合弁会社のパイロットのトレーニングセンターも存在している。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「セブパシフィック航空、クラーク発着便を増強 4路線週27便体制に