320neo

エアアジアは、エアバスA320neoの初号機(機体番号:9M-NEO)を受領した。クアラルンプール国際空港近くで歓迎式典を開催した。グループとして172機目の導入となる。初号機には特別塗装が施された。

エンジンはCFMインターナショナル社製のLEAP-1Aエンジンを選定しており、世界で2社目、東南アジアで初の同型エンジンを装着したA320neoを運航する航空会社となった。

ギャレーや化粧室などの配列を変えることで1列6席を増席することができる「スペース・フレックス」オプションを採用したことで、乗客の快適性を維持しながら、通常のA320型機の180席より6席多い186席を配置できた。使用燃料は約15%削減できるほか、二酸化炭素排出量の削減、エンジンの騒音の減少などが見込まれるという。航続距離は500海里長くなる。

すでにエアアジアはA320ファミリーを計575機発注しており、うち404機はA320neoファミリー。ファンボロー国際航空ショーでは100機のA321neoを確定発注している。

■関連記事

エアアジア、初のA320neoを受領 LEAP-1Aエンジンを装着

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「エアアジア、エアバスA320neoに特別塗装 クアラルンプールで歓迎式典