tokyu

東京急行電鉄は、3月から実証実験を行っていた、駅構内の様子を配信する「駅視-vision(エキシビジョン)」を、10月上旬から60駅で正式にサービスを開始する。

日立製作所が開発した画像データ加工技術を活用し、駅構内カメラから取得し加工処理を行った画像を、スマートフォン向け「東急線アプリ」とイッツ・コミュニケーションズとケーブルテレビ品川が提供するテレビ自動お知らせサービス「テレビ・プッシュ」に配信するもの。順次対象駅を広げ、こどもの国線と世田谷線を除く全駅に、2018年初めまでに拡大する。

大幅遅延時に駅の混雑状況をタイムリーに提供することができ、乗車の見合わせや迂回ルートの選択などの判断が利用者が簡単にできるようになる。これにより、利用者の負担感の軽減、安全性の向上が見込まれるという。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「東急電鉄、駅構内の様子を配信するサービスを10月上旬より開始