a330

大韓航空は9月13日、釜山テックセンターで、エアバスA330neoのシャークレット納入記念式を行った。今後、本格的な製造を開始する。

A330neoはA330型機の改良モデル。主翼の先端の構造部で、幅約2メートル、長さ約4メートルの先端複合素材で、空気抵抗を減らすことで燃費が向上する。また、航続距離が伸びるなどの効果もある。

大韓航空は、2009年より自社開発したエアバスA320neoシャークレットを現在までに1,800台以上納品しており、2008年からはエアバスA350航空機の貨物ドアの製造も行っている。また、ボーイング787の国際共同開発パートナーとして、胴体部分など6種類の主要構造物、ボーイング737MAXの翼部品の製造も行っている。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「大韓航空、エアバスA330neoのシャークレット納入記念式開催 製造を本格化へ