エールフランス航空

エールフランス航空は、東京/羽田発パリ行きのAF279便の出発時刻を、現在の午前7時35分から午後1時55分発に、2017年3月27日から開始する夏スケジュールより変更する計画と発表した。月・水・土曜の週3便を運航する。

これにより、札幌/千歳、小松、名古屋/中部、大阪/伊丹、岡山、広島、松山、福岡、長崎、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄/那覇の国内13都市からの同日乗り継ぎが可能となる。日本とパリの間を、東京/成田、東京/羽田、大阪/関西発着で週23便で結ぶ。

機材は、ファーストクラス4席、ビジネスクラス58席、プレミアムエコノミークラス28席、エコノミークラス206席を配置したボーイング777−300型機を使用する。

■ダイヤ

AF275 東京/成田(11:00)〜パリ(16:25)

AF279 東京/羽田(13:55)〜パリ(19:20)/月・水・土

AF293 東京/羽田(22:55)〜パリ(04:30+1)

AF291 大阪/関西(11:00)〜パリ(16:35)/月・火・木・金・土・日

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「エールフランス航空、東京/羽田発早朝出発便を午後出発に変更へ 来春から