カンタス航空(メイン)

カンタス航空は、12月16日より、東京/成田〜メルボルン線の就航を開始すると発表した。

現在カンタス航空は、東京/羽田〜シドニー線と東京/成田〜ブリスベン線を運航。子会社のジェットスターが東京/成田〜メルボルン線を週4便運航し、共同運航(コードシェア)を行っている。ジェットスターの運航は、2017年2月25日をもって終了する。同日以降予約分は、ジェットスターからカンタス航空への振り替えを案内する。また、東京/羽田〜シドニー線と東京/成田〜ブリスベン線の予約客は希望があれば、東京/成田〜メルボルン線に予約変更を行うことも可能となる。

機材はビジネスクラス28席とエコノミークラス269席の計297席を配置した、エアバスA330-300型機を使用する。

日本からオーストラリアの渡航者数は、2015年7月から2016年6月まで約17%増加、オーストラリアから日本への渡航者数は2015年には約24%増といずれも急増している。

■ダイヤ

QF80 東京/成田(19:00)〜メルボルン(07:30+1)

QF79 メルボルン(09:15)〜東京/成田(17:30)

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「カンタス航空、東京/成田〜メルボルン線を12月16日開設 ジェットスターは来年2月に運航終了