ANA(メイン)

全日空(ANA)は、ボーイング787型機の一部機材でエンジンの安全性確保のため点検・整備作業を実施することによる欠航便や遅延便は、10月1日以降発生しないと発表した。

9月1日以降、予備機などを活用することで、欠航や遅延などの影響便は発生していない。

ロールス・ロイス社製エンジンの特定部品の不具合発生を防止するための整備作業で、他機種への変更などの対応が取れない便が欠航となっている。

■関連記事

ANA、ボーイング787型機エンジン不具合の対応は「安全を最優先した自主的判断」 メーカーの指定より早期に交換

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「ANA、ボーイング787型機の点検整備作業による欠航や遅延ゼロに 10月以降も