IMG_8355

WILLER TRAVELは、スマートフォン向け拡張現実(AR)位置情報ゲーム「Ingress」の世界観をリアルに体験することができる世界初のバス「NL-PRIME」を、大阪と京都でも11月2日から運行を開始する。

スマートフォン向けの拡張現実技術を利用し、世界で1,500万以上のダウンロードを記録している位置情報ゲーム「Ingress」を開発・運営するNiantic(ナイアンティック)と協力し開発したバスで、東京では7月から運行を開始。車体の外装は「Ingress」の世界観を、内装はSF映画の宇宙船をイメージさせるデザイン。シートは横3列(一部2列)、縦8列となっており、一度に最大で22名が乗車できる。それぞれのシートにはタッチパネル式のプライベートモニターを設置しており、走行中はストーリーの概要を説明する映像が展開される。映像の間には、ingress知識試しクイズや、周囲の人との協力が必要な「XMセンシティブテスト」などのコンテンツがあり、乗客同士の交流を促す。

大阪と京都では、大阪周遊プランのほか、大阪発京都行き、京都発大阪行き、大阪発長岡京行きを運行する。

「WILLER EXPRESS Cafe」では、チームカラーである青と緑を取り入れたカレーやマフィン、カクテルなどのIngressオリジナルメニューの提供も行う。バス予約時に予約することもできる。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「ウィラートラベル、「Ingress」の体験ができるバスを大阪と京都でも運行