surinuke

国土交通省航空局は8月5日に新千歳空港で発生した、乗客の保安検査のすり抜け事案を受け、全国の空港管理者と航空運送事業者に対策を指示した。

10月末までに保安検査場入場時の搭乗券等確認手順の改善や、検査場の隙間や通路へのフェンス、ゲートの設置などを行うよう、各空港や航空会社に求める。

搭乗口で搭乗手続きの完了が確認できない場合や必要な保安検査を受けていることが確認できない場合には搭乗ができないこと、保安検査場で搭乗手続きの完了が確認できない場合には保安検査を受ける事ができないこと、不正入場等による損害は賠償請求の対象となる場合があることに注意する必要があるとした。

8月5日の保安検査すり抜けでは、約2時間に渡って国内線の全便の出発を見合わせたため、11便が欠航、159便が遅延し、22,397名の乗客に影響が及んだ。保安検査を受けなかった乗客は、国内線の全便の運航を停止して全乗客の再検査を行う前に飛行機に搭乗、目的地に到着していた。

情報提供元:Traicy
記事名:「新千歳空港での保安検査すり抜け、国交省が対策指示 隙間にフェンスやゲート設置