福岡空港

福岡空港は、再整備事業により第1ターミナルビルを10月4日に閉館し、10月5日よりすべての国内線発着便を第2・第3ターミナルビルに集約する。これに伴い、第2・第3ターミナルビルの名称を「国内線旅客ターミナルビル」に変更する。

現在は航空会社や行き先でターミナルビルが異なっているが、すべての航空会社カウンターを国内線旅客ターミナルビル1階に集約し、出発保安検査場と到着口はそれぞれ2か所となる。

福岡空港は2015年4月から2019年3月までの4年間にわたり、国内線旅客ターミナルビルをはじめとした諸施設の移転整備を行っている。今後、出発・到着機能の集約や、地下鉄からの動線改善などを段階的に行い、地上5階・地下2階・別棟6階建てのターミナルビルとして整備する。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「福岡空港、第1ターミナルビルを10月4日閉鎖 国内線カウンター集約へ