シルクエアー

シンガポール航空の子会社で、短距離線を運航しているシルクエアーは、沖縄/那覇〜シンガポール線でチャーター便を11月から2017年1月まで運航すると発表した。

運航便数は12便で、機材はボーイング737-800型機を使用する。ビジネスクラスは40キロ、エコノミークラスは30キロの受託手荷物、機内食、機内エンターテインメントなどのサービスを行う。飛行時間は約5時間15分で、従来利用されている香港、福岡、大阪/関西経由では約8時間かかるため、所要時間は大幅に短縮する。シンガポールでは、JTBやH.I.S International Travelなど9社が販売を取り扱う。

今年6月にも7便を運航しており、好評だった。沖縄県ではチャーター便の運航実績を重ねることで、将来的な定期便化につなげたい考え。

■ダイヤ

MI883 沖縄/那覇(18:15)〜シンガポール(22:45)/11月19日・23日・29日、12月3日・7日・13日・17日・21日・27日・30日・31日、2017年1月3日

MI884 シンガポール(11:00)〜沖縄/那覇(17:15)/11月19日・23日・29日、12月3日・7日・13日・17日・21日・27日・30日・31日、2017年1月3日

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「シルクエアー、沖縄/那覇〜シンガポール線でチャーター便 11月から来年1月まで12便