ウズベキスタン航空

ボーイングは8月31日、ウズベキスタン航空に初となるボーイング787-8型機を引き渡した。ボーイング787型機を運航する航空会社は66社に拡大した。

デリバリーフライトには、病院や孤児院などに向けた人道支援物資を積載した。

現在、ウズベキスタン航空は、ボーイング767型機9機とボーイング757型機6機を含む34機を保有。タシケント国際空港から世界40都市以上に就航している。日本線は、東京/成田〜タシュケント線の1路線を週2便運航している。

ボーイング787型機は現在、350路線以上に就航しており、世界の75路線以上の新たな直行便路線が生まれている。ボーイングは1161機を受注している。

情報提供元:Traicy
記事名:「ウズベキスタン航空、ボーイング787型機を初受領 デリバリーフライトには人道支援物資積載