galaxynote7

日本航空(JAL)は、サムスン電子製の「Galaxy Note 7(ギャラクシーノート7)」の機内での使用、充電を禁止すると発表した。

国土交通省やアメリカ連邦航空局(FAA)の指示によるもので、安全対策が講じられるまでの当分の間、機内では電源を切った上で充電は行わないよう呼びかけている。貨物室への預け入れはできない。JALグループが運航する国内線と国際線が対象で、他社が運航する共同運航(コードシェア)便は運航する航空会社により異なる。

「Galaxy Note 7」は8月より世界各国で発売を開始。日本国内での発売は行われていないものの、アメリカをはじめ、すでに発売している国では充電中など、内蔵のリチウムイオン電池が爆発する事故が数十件報告されている。サムスン電子では出荷や販売を停止した上で、9月2日にリコールを発表し、交換を受け付けている。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「JAL、サムスン電子製「ギャラクシーノート7」の機内での使用や充電を禁止