KLMオランダ航空

KLMオランダ航空は、日本線でのボーイング747-400型機のラストフライトをきょう9月3日、運航する。東京/成田を午前10時30分に出発するKL862便がラストフライトとなる。きょう乗り入れるのは、

KLMオランダ航空は1971年2月にボーイング747型機を導入。1971年10月31日に南回りの東京/羽田〜アムステルダム線で日本に初めて乗り入れた。当時はヨーロッパの航空会社の中で最も早く就航し、飛行時間は23時間35分だった。その後、1987年に東京/成田〜アムステルダム線直行便を就航。直行便の日本発初便に乗務した航空機関士が、ラストフライトの機長を務める。搭乗客には記念品を配布する。

きょう乗り入れるのは、貨物スペースを拡張したコンビ型(機体番号:PH-BFE)。KLMオランダ航空が世界で初めて受領した機種で、ビジネスクラス35席とエコノミークラス233席を配置。乗客定員を140名抑える代わりに、貨物を多く搭載することができる。2002年には生産を終了しており、航空各社では退役を進めている。

現在、KLMオランダ航空は23機のボーイング747-400型機を保有しており、旅客専用機が7機、旅客と貨物が半分ずつのコンビが13機、貨物専用機が3機。今後日本線へは、ボーイング777-200型機、ボーイング777-300型機、ボーイング787-9型機のいずれかを投入する。

KLMオランダ航空

■ダイヤ

KL861 アムステルダム(14:40)〜東京/成田(08:40+1)/9月2日

KL862 東京/成田(10:30)〜アムステルダム(15:00)/9月3日

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「KLMオランダ航空、きょう日本にジャンボ最終乗り入れ