kix

大阪府健康医療部は、8月31日、複数の麻しん(はしか)の発生があったと発表した。

8月17日には、関西国際空港内にある事業所に勤務する20歳代女性が麻しんで入院中との報告を受け、泉佐野保健所が調査を行い、接触者のうち有症状者の検査を行ったところ、8月31日午前10時現在、20歳代の男性2人、女性10人、30歳代の男性1人、女性3人の計16人の陽性が判明した。

発熱、せき、鼻水、眼球結膜の充血、発疹等の症状があり、アジアなど麻しん流行国への最近の渡航歴がある場合や8月17日から30日までの期間中に関西国際空港を利用した場合ば医療機関に連絡するよう呼びかけている。

情報提供元:Traicy
記事名:「関西国際空港の「はしか」感染、計16人で陽性判明