TG1

エアバスは、現地時間8月30日、初となるエアバスA350-900型機を受領した。12機を発注しているうちの最初の機材で、これによりA350型機を運航する航空会社は8社に拡大した。

ビジネスクラスの「ロイヤルシルククラス」32席とエコノミークラスの289席を合わせた、321席を備えている。4機はリース、残りの8機は直接購入で導入する。今後、バンコク〜チェンマイ線よりサービスを開始した後、バンコク〜メルボルン線に投入する計画。

エアバスは、世界43社から810機のA350XWBの確定発注を受けている。すでにカタール航空、ベトナム航空、フィンランド航空などに引き渡されており、6月29日にはアフリカの航空会社として初めて、エチオピア航空に引き渡された。

TG2

TG3

TG4

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「タイ国際航空、エアバスA350-900型機を初受領 12機を発注済み