JTBは、2017年度サービス最優秀旅館・ホテルを発表した。

JTB協定旅館ホテル連盟に加盟する約3,800施設の中から、宿泊アンケートなどで高得点だった4施設を地区ごとに選出した。1979年から毎年表彰しているもので、各施設の営業面の発展とサービスの向上、宿泊産業全体の質の向上を図りたいとしている。

優秀旅館・ホテルは、ザ レイクビューTOYA乃の風リゾート、八幡屋、白玉の湯華鳳、ホテル九重、道後舘、指宿白水館、JRタワーホテル日航札幌、ホテル青森、東京ステーションホテル、高山グリーンホテル、ザ パーク フロント ホテル アット ユニバーサル・スタジオ・ジャパン、ホテル日航福岡、はいむるぶし、花れぶん、裏磐梯高原ホテル、静寂とまごころの宿七重八重、里山の別邸下田セントラルホテル、欽山、別府温泉竹と椿のお宿花べっぷ、あかん鶴雅別荘鄙の座、游泉志だて、強羅 花扇、七草の湯、汀邸 遠音近音、sankara hotel&spa 屋久島。

最優秀旅館は、あえの風、帝国ホテル 東京、登別温泉郷滝乃家、旅亭半水盧の4施設だった。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「JTB、2017年度サービス最優秀旅館・ホテル発表 最優秀は4施設