シンガポール航空(ボーイング787-10型機)

シンガポール航空は、7月28日より、名古屋/中部〜シンガポール線にボーイング787-10型機の投入を開始する。

日本線への投入は、大阪/関西、東京/成田に次いで3路線目となる。年内には福岡にも就航する見通し。シンガポール航空のボーイング787-10型機は、フルフラットとなるビジネスクラスを「1-2-1」配列で36席、エコノミークラスは「3-3-3」配列で301席の計337席を配置している。

ビジネスクラスでは「菊乃井」の村田吉弘氏が特別に考案したメニューとともに、7月と8月はうなぎ、9月は愛知県三河産のみかわ牛を使用したメニューを提供する。エコノミークラスでも7月から9月までうなぎを使用したメニューを提供する。

さらにボーイングとコラボレーションし、シンガポール航空の航空券を日本で購入し、搭乗した人の中から抽選で10名を、シンガポールにあるボーイング787-10型機のフライトシミュレーター体験会に招待するキャンペーンも実施する。

■ダイヤ

SQ671 名古屋/中部(10:30)〜シンガポール(16:20)

SQ672 シンガポール(01:20)〜名古屋/中部(09:05)

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「シンガポール航空、名古屋/中部〜シンガポール線にボーイング787-10型機投入 7月28日から