エアアジア・フィリピンは、マクタン・セブ国際空港の発着ターミナルを、7月1日から第2ターミナルに移転すると発表した。

現在、エアアジア・フィリピンはセブとクアラルンプール、シンガポール、台北/桃園、ソウル/仁川、深セン、杭州の6空港を結ぶ路線を展開しており、上海/浦東へは7月7日から就航する計画としている。

マクタン・セブ国際空港の第2ターミナルには、72ヶ所にまで拡大できる48ヶ所のチェックインカウンター、12基のボーディングブリッジなどを設けている。

エアアジア・フィリピンでは、新ターミナルの利用者に対し、少なくとも出発時刻の3時間前までに到着するよう呼びかけている。エアアジアのウェブサイトやアプリ、空港の自動チェックイン機で自身で搭乗手続きを行った後、カウンターで荷物を預けるよう求めている。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「エアアジア・フィリピン、マクタン・セブ空港の発着ターミナルを移転 7月から第2ターミナル