成田国際空港

成田国際空港は、「成田エアポート ワンデイ・サマースクール 2018」の参加者を、6月12日午前9時から開始する。

小学5・6年生を対象に、航空会社の施設見学やCIQ(税関・出入国管理・検疫)施設での仕事体験に招待し、成田空港を支える仕事や舞台裏を楽しく学ぶことができる恒例イベント。

東京税関成田税関支署、東京入国管理局成田空港支局、横浜植物防疫所成田支所、動物検疫所成田支所が協力し、出入国管理や植物検疫、動物検疫、税関の仕事を体験するほか、デルタ航空の協力により、実際にハワイ路線のエコノミークラスで提供されている機内食も堪能できる。到着機のスポットインの見学、整備士による解説、滑走路脇での飛行機見学、空港消防所での化学消防車の放水実演、運転席への試乗、防護服着用体験なども行う。

開催日は夏休みの7月31日、8月1日・2日の3日間で、いずれも同一プログラムとなる。応募は6月22日午後3時まで、成田空港のウェブサイトで受け付ける。定員は各日20名で、応募者多数の場合は抽選となる。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「夏休みの成田空港でお仕事体験、小学5・6年生対象 デルタ航空の機内食試食も