全日空(ANA)は、ユニバーサルサービスを強化し、文化・言語・国籍・年齢や性別・障がいなどを問わず、より安心・快適に飛行機を利用できる環境を構築する取り組みを推進する。

ANAでは、文化、言語、国籍、年齢、性別、障がいなどを問わず、多くの人がストレスなく利用できる施設・商品・情報・サービスとして「ユニバーサルなサービス」を定めている。誰もが利用しやすいサービスの提供を目指し、国内施設・設備などのハード面とソフト面でさらなる充実を図る取り組みを推進していくとしている。

ウェブサイトの利便性向上や、障がいなどの旅客の情報を一元化する仕組みの構築、搭乗手続きカウンターやラウンジ、搭乗ゲートの改良や、車いすなどの配備・機内化粧室の改修などのハード面の改良や、発達障害のある児童・生徒をはじめとする社外向けセミナーや社内教育の拡大などソフト面の充実を予定している。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「ANA ユニバーサルサービス強化 搭乗手続きカウンターやラウンジなど改良