デルタ航空は、ミシュラン二つ星の和食店「一汁二菜うえの」の上野法男シェフ考案・監修の機内食を、日本発アメリカ本土路線とハワイ路線のエコノミークラス「メインキャビン」で6月1日から提供を開始した。

デルタ航空では3月1日より、ビジネスクラス「デルタ・ワン」「デルタ・ワン スイート」と、プレミアムエコノミー「デルタ・プレミアムセレクト」で、上野シェフが考案したメニューを提供していたが、6月の夏メニューへの切り替えに伴い、エコノミークラス「メインキャビン」にも導入することとなった。

メニューは季節により変わり、6月から8月の夏メニューでは、夕食のメインディッシュとして「蓮根饅頭と牛肉の山椒餡掛け」を提供。メインディッシュは上野シェフの和食のほかに、洋食(チキン)かパスタの3種類から選べる。飛行時間の長い東京/成田〜アトランタ・デトロイト線、東京/羽田〜ミネアポリス線、名古屋/中部〜デトロイト線では、到着前の食事でも上野シェフの和食「豚肩ロースカレー餡掛け」か洋食(オムレツ)から選択できる。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「デルタ航空、ミシュラン二つ星「一汁二菜うえの」監修の機内食をエコノミーでも提供 6月から