法務省入国管理局は、国内5空港の出国審査場と上陸審査場に顔認証ゲートを設置する。

2017年10月18日から羽田空港の上陸審査場に3台の顔認証ゲートを先行導入し、運用してきた。これを、成田空港、中部国際空港、関西国際空港、福岡空港の上陸審査場と出国審査場、羽田空港の出国審査場にも拡大する。

上陸審査場では、6月11日より成田空港の第2ターミナルと第3ターミナルに15台、6月18日より成田空港第1ターミナルに16台、7月9日より羽田空港に10台、7月30日より中部国際空港に6台、7月23日より関西国際空港に12台、8月9日より福岡空港に5台をそれぞれ設置し、運用を開始する。

出国審査場には、10月上旬より成田空港の第2ターミナルと第3ターミナルに14台、10月下旬より成田空港第1ターミナルに16台と羽田空港に13台、11月上旬より中部国際空港に9台、11月下旬より関西国際空港に15台と福岡空港に6台をそれぞれ設置し、運用を開始する。

利用できるのは日本人に限られ、利用にあたっては事前に登録する必要はない。

情報提供元:Traicy
記事名:「国内5空港の出国・上陸審査場に「顔認証ゲート」設置拡大