ピーチ

ピーチ・アビエーションは、6月1日夜、社員が帰宅中にひったくりの被害に遭い、ノートパソコンなどが入った鞄が盗まれたと発表した。

ノートパソコンには、6月2日発の大阪/関西発ソウル/仁川行きの4便、大阪/関西発釜山行きの1便、沖縄/那覇発ソウル/仁川行きの1便の計6便の乗客917名の名前、生年月日、性別、パスポート番号、有効期限、発行国、国籍の情報が記載されたファイルが含まれていた。クレジットカード番号などの決済情報は含まれていない。

パソコンの起動には顔認証によるセキュリティをかけており、直ちに閲覧できる状況にはないものの、ファイル自体にはパスワードはかかっていなかったとしている。社内規定では個人情報が入ったデータの社外への持ち出しを禁止していた。現時点で個人情報の第三者への情報漏洩や不正使用の事実は確認されていない。

ピーチでは対象者にはメールで事実関係を報告し、お詫びするとともに、専用の電話窓口を設ける。警察への通報や捜査協力のほか、航空局、個人情報保護委員会への報告はすでに行っているほか、当該ノートパソコンから社内システムへのアクセスを拒否する措置も行っている。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「ピーチ社員がひったくり被害 乗客917名の個人情報含むノートパソコン盗難