日本エアコミューター(JAC)とATRは、日本エアコミューターが発注済みのATR42-600型機1機を、ATR72-600型機に発注変更すると発表した。

これにより、日本に初めてATR72-600型機が納入されることになる。JACはこれまでに9機のATR42-600型機を確定発注しており、すでに4機を運航している。ATR72-600型機の引き渡しは年末までに行われる予定としている。

ATR72-600型機の座席数は70席。提供座席数が増加することで、利便性が向上する。JACでは両機種の共通性を活かし、運航コストを削減することが可能となる。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「日本エアコミューター、ATR72-600型機1機を導入 発注変更で