シンガポール航空は、日本就航50周年記念運賃を販売している。

対象路線と往復運賃は、東京/成田発着ではバリ行きが41,470円から、シンガポール行きが48,200円から、パース行きが68,980円から、メルボルン行きが69,360円から、モルディブ行きが85,110円から、ヨハネスブルグ行きが112,320円から。

東京/羽田発着ではプーケット行きが42,470円から。

大阪/関西発着ではバリ行きが41,900円から、プーケット行きが42,900円から、シンガポール行きが44,830円から、パース行きが57,110円から、モルディブ行きが59,940円から、メルボルン行きが62,190円から、ヨハネスブルグ行きが91,850円から。

名古屋/中部発着ではバリ行きが41,430円から、プーケット行きが42,430円から、シンガポール行きが46,260円から、パース行きが56,640円から、モルディブ行きが59,470円から、メルボルン行きが61,720円から、ヨハネスブルグ行きが91,380円から。

福岡発着では、シンガポール行きが38,960円から、バリ行きが39,830円から、プーケット行きが40,830円から、パース行きが55,040円から、モルディブ行きが57,870円から、メルボルン行きが60,120円から、ヨハネスブルグ行きが89,780円から。

広島発着では、シンガポール行きが21,790円から、バリ行きが28,460円から、プーケット行きが29,460円から、パース行きが47,370円から、モルディブ行きが52,100円から、メルボルン行きが52,550円から、ヨハネスブルグ行きが62,210円からなどとなっている。

プレミアムエコノミークラス、ビジネスクラスの設定もある。価格はいずれも諸税込みの総額。燃油サーチャージは徴収しない。一部区間はシルクエアーまたはスクートによる運航となる。対象出発期間は9月30日まで。販売期間は6月30日まで。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「シンガポール航空、日本就航50周年記念運賃 往復総額2万円台から