ニュージーランド航空とカンタス航空は10月28日より、ニュージーランドとオーストラリアの国内線115路線で共同運航(コードシェア)を実施すると発表した。

カンタス航空はニュージーランド航空の国内線最大30路線、ニュージーランド航空はカンタス航空の国内線最大85路線に便名を付与する。コードシェア対象路線を利用する場合、両社の36ヶ所のラウンジを利用できる。これにより、スムーズな乗り継ぎが可能となり、所要時間は最大で2時間短縮できる。7月末までに予約受け付けの開始を目指す。オーストラリアとニュージーランド間のタスマン路線は含まれず、カンタス航空はジェットスター・ニュージーランドが運航するすべての乗継便でコードシェアを継続する。

カンタスグループのアラン・ジョイス最高経営責任者(CEO)は、「カンタス航空とニュージーランド航空との関係は80年近くにも及びます。その間、私たちはあらゆるレベルで互いのパートナーであり続けましたし、ライバルとしても尊敬の念を抱く相手です。今回の国内ネットワークにおけるコードシェア契約は、両社の国内市場での強みを活かしており、お客様にとって理にかなったものと言えます。」、ニュージーランド航空のクリストファー・ラクソンCEOは、「ニュージーランド航空とカンタス航空は、全ての市場において競合関係にあることは変わりませんが、共通して革新性、顧客サービスの卓越性、運航パフォーマンスと安全性へのコミットメントを持っています。私たちは、両社のお客様が利益を享受できると確信しています。」とコメントしている。

今後、バイオ燃料、貨物や空港業務での提携も検討する。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「ニュージーランド航空とカンタス航空、国内線115路線でコードシェア