エクスペディア・ジャパンは、1年以内に飛行機に乗り、かつホテルに宿泊した世界23カ国の男女18,229名を対象に、フライトに関する意識の国際比較調査を実施し、結果を発表した。

機内で迷惑行為をしている乗客に対しどのような対応をするかについて、日本人の約4割が「何も言わずに我慢する」と回答。迷惑だと感じたとしても、何も行動をしない人の割合が世界でもっとも多いことがわかった。また、日本人の回答でもっとも多かったのは「フライトアテンダントに報告する」であったことから、直接注意することを避けていることが伺えた。

機内でいびきをかきながら寝ている乗客に対し、「起こしても良い」と考えている日本人の割合は37%と、 もっとも割合が多かったインドは7割を超えている一方で日本人は世界一少ないことがわかった。さらに、前席の乗客に対し倒している座席を「直してほしい」とお願いしたことがある日本人はわずか7%にとどまり、こちらも世界でもっとも低い結果となった。

機内でどのような行為をする人が迷惑だと感じるか聞いたところ、第1位は「前の席を蹴ったり、つかんだりする人」で、半数の人が迷惑だと感じていることがわかった。次いで、「香水や体臭が臭い人」、「子どもを放置する親」がランクイン。気づかずにやっている行為もあるので、飛行機に乗る際は気をつけるとよいかもしれない。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「日本人は機内での迷惑行為を「我慢」世界一 エクスペディア調査