JR西日本は、山陽線、赤穂線、北陸線エリアでのICOCA利用区間を9月15日から拡大する。

新たに利用可能エリアとして加わるのは、北陸本線の大聖寺~敦賀間、山陽本線の相生~和気間と赤穂線の相生~長船間。これにより、これまで3つに分かれていたICOCAエリアが一体化され、ICOCAなどの全国相互利用対象ICカードを利用して近畿から北陸、岡山へスムーズな移動が可能となる。

なお、ICカードを利用しての移動は入場駅から出場駅までの最短経路で営業キロ200キロメートル以内となっているが、「大阪近郊区間内相互発着の利用」「在来線特急列車停車駅相互間の利用」「大阪近郊区間内の駅と在来線特急列車停車駅相互間の利用」のケースでは、営業キロ200キロメートルを超える場合でもICカードが利用できる。具体的には、米原~相生間、大阪~金沢間、岡山~出雲市間、尼崎~新宮間などで利用可能だ。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「ICOCAエリア、9月15日から一体化 近畿から北陸・岡山への移動も可能に