全日本空輸(ANA)は、エアバスA380型機の就航に合わせ、ホノルルのダニエル・K・イノウエ国際空港に、海外で初めてとなる自社ラウンジ「ANA SUITE LOUNGE」と「ANA LOUNGE」を2019年春にオープンする。

ANA SUITE LOUNGE(ダニエル・K・イノウエ国際空港)

「ANA SUITE LOUNGE」は上質で落ち着きのあるデザインとし、搭乗口に最も近く利便性が高いエリアに設ける。

ANA LOUNGE(ダニエル・K・イノウエ国際空港)

「ANA LOUNGE」はハワイの自然を象徴する海、空、木々などのデザインを表現した。

ANA LOUNGE(ダニエル・K・イノウエ国際空港)

潮溜まりをイメージした「ファミリーエリア」も設け、周りには子供が遊んでいる姿を側で見守ることができるシートも配置する。

ANA LOUNGE(ダニエル・K・イノウエ国際空港)

エントランスは日本の伝統家屋様式である「格天井」や「三和土」などをハワイらしい木材や玄武岩などの素材で構成する。ダニエル・K・イノウエ国際空港で最大のラウンジとなる

C4ゲートに駐機している場合は、エアバスA380型機のアッパーデッキにラウンジから直接搭乗できる。アッパーデッキにはファーストクラス、ビジネスクラス、プレミアムエコノミークラスを備えている。ターミナル2階のゲートからは、エコノミークラスを配置したメインデッキに搭乗できる。

場所はターミナル2(現行メインターミナル)3階のエバ・コンコースC4(現行29番)ゲート上。営業時間は午前6時からANAの最終便出発までを予定している。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「ANA、ホノルルに海外初のラウンジを来春開設 A380アッパーデッキに直接搭乗可能