アパグループは、東京都足立区の綾瀬駅前に「アパホテル〈綾瀬駅前〉」を着工した。

全館LED証明を採用し、ガスヒートポンプエアコンにより電気使用量を削減。アパホテルオリジナルユニットバス、アパホテルオリジナルベッド「Cloud fit(クラウド フィット)」、50型以上の大型テレビを導入した。2019年7月の開業を予定している。

神事後の挨拶でアパグループ元谷一志代表取締役社長は、「「アパホテル〈綾瀬駅前〉」は、綾瀬駅から徒歩約3分であり、また、綾瀬駅は東京メトロ千代田線の始発駅ということもあり、交通の至便な立地である。アパホテルとしては、足立区初出店となり、地域の方々にご利用いただくなど新たな需要が生まれることが予想されるため、地元密着で地域のランドマークとして長く栄えるようなホテルにしていきたい。」と話した。

アクセスは東京メトロ千代田線・JR常磐線綾瀬駅より徒歩約3分。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「アパグループ、「アパホテル〈綾瀬駅前〉」を着工 足立区初進出