全日本空輸(ANA)は、退役したボーイング737-500型機を、整備士養成のための訓練機材として活用する。

退役した大型ジェット旅客機1機を丸ごと整備訓練専用の機材として使用することは、日本の航空会社としては初めての試みとなる。訓練に使用する機材としての必要な準備を行った後、7月より整備訓練に投入する。

これまでは技術系の新入社員に対し、航空機のシステム・整備方法を学ぶ講義や、航空機の一部を模したモックアップ(模型)を用いて整備作業の基礎を学ぶ訓練を行った後に、格納庫内での集合訓練で実機に対する整備の実技経験を積む訓練を行ってきたものの、実機での様々な整備業務に触れて実技経験を取得するまでに長い時間を要していたという。

訓練機材の導入により、早期から技術系の新入社員に対して訓練専用機を使用した実技経験を積む機会を確保することで、運航機材の稼働に影響を及ぼすことなく、整備品質の向上に繋げることができるようになるとしている。

(写真:ANA)

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「ANA、退役機を整備士養成のための訓練機材として活用 品質向上目指す