現地紙のサイパントリビューンによると、スカイマークは、冬スケジュールにも日本とサイパンを結ぶ路線を開設する見通しであることがわかった。

同紙によれば、北マリアナ諸島のラルフ・トレース知事らがスカイマークの役員を訪問したという。正式な発表は、路線評価をはじめとした各種手続きが終了次第となる見通し。ラルフ・トレース知事は、全面的にサポートすると明らかにしている。就航路線についてはわかっていない。

スカイマークの広報によると、サイパン側からの要請を受けて、就航の可能性を検討していくといい、「現時点で決定していることはなく、就航地の一つの候補として関心を持っておりますが、今後、様々な検討を重ねたうえで国際線の就航地を決定していく予定でございます」とコメントしている。

デルタ航空は、東京/成田〜サイパン線を5月6日をもって運休することから、日本とサイパンを結ぶ定期便はなくなることになる。夏期にはチェジュ航空が名古屋/中部〜サイパン線、アシアナ航空が東京/成田〜サイパン線などでチャーター便を運航する。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「スカイマーク、サイパン就航の報道に「一つの候補として関心」とコメント