デルタ航空は、ロサンゼルス発東京/羽田・パリ・アムステルダム・上海/浦東行きのビジネスクラス「デルタ・ワン」の機内食に、ロサンゼルスを拠点に活躍するジョン・シュック(Jon Shook)氏とヴィニー・ドトーロ(Vinny Dotolo)氏が監修した新メニューを、6月1日より導入する。

6月から8月まで提供する夏メニューでは、マリナラソースで煮込んだミートボール、バーベキューチキン マカロニアンドチーズ添え、フォンティナチーズ、パルメザンチーズ、ラスケラチーズのラザニアなどを提供する。

2017年12月1日から、ロサンゼルス発ニューヨーク/ジョン・F・ケネディ・ワシントン行きで、2人が考案したメニューを提供しており、今夏からはロサンゼルス発の国際線にも対象を広げた。

著名シェフのメニューの導入は、顧客体験向上のための施策の一環。エアバスA350-900型機の日本線投入、上級クラスへのイタリアンブランド「アレッシイ」の食器やLSTNヘッドフォンの導入、エコノミークラス「メインキャビン」でのスリッパの提供やハーゲンダッツやベン&ジェリーなど人気アイスクリームブランドの導入、ブランケットの刷新などをすでに行っている。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「デルタ航空、ロサンゼルス発国際線で著名シェフ監修メニュー 東京/羽田線にも