マレーシア航空は、大阪/関西〜クアラルンプール線にエアバスA350-900型機を8月5日(大阪/関西発は翌6日)より投入する。

エコノミークラス220席、エコノミープラス27席、ビジネスクラス35席、ファーストクラス4席の計286席を配置している。座席はファーストクラスは「1-2-1」、ビジネスクラスはスタッカードタイプで「1-2-1」と「2-2-1」が交互、エコノミープラスとエコノミークラスは「3-3-3」配列となっている。ビジネスクラス中央と機体最後部には祈祷室も設けており、機内Wi-Fiも設置している。

マレーシア航空はエアバスA350-900型機を、エア・リース・コーポレーションからリースで6機を導入する計画。エアバスA350-900型機にファーストクラスを導入する初の航空会社となる。まずはクアラルンプール〜ロンドン線より投入を開始し、東京/成田〜クアラルンプール線にも5月5日より投入する。

■ダイヤ

MH53 大阪/関西(09:55)〜クアラルンプール(15:50)

MH52 クアラルンプール(22:10)〜大阪/関西(05:40+1)

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「マレーシア航空、大阪/関西〜クアラルンプール線にエアバスA350-900型機を投入 8月5日から